Wynn Resorts(WYNN) ウィン・リゾーツ カジノも運営するリゾート企業!

WYNN_logo NASDAQ

Wynn Resorts(以下、Wynn)は、アメリカとマカオでカジノ・リゾートを運営している企業です。
日本でも、2016年に可決されたIR推進法がカジノ法案とも言われて一時期話題になりました。
IRとは、「Integrated Resort」の略で統合型リゾートを指します。
一般に、カジノには豪華なホテルや小売スペース、エンタメ施設が付属しており、その全体で収益を上げています。
カジノを運営する企業はいくつかありますが、今回はWynnの事業を見ていきましょう。

Wynnは、アメリカとマカオに計5つの統合型リゾートを運営しています。
それらの全てにカジノがあり、カジノでの収益が最も大きいです。
それぞれをエリアごとに見ていきます。

マカオ事業

中華人民共和国のマカオ特別行政区で、ウィンマカオとウィンパレスの2つの統合型リゾートを運営しています。

どちらもフォーブストラベルガイドで★5を獲得している最高級ホテルとなっています。
ウィンパレスは、マカオの中でもコタイという地域に所在しています。
どちらのリゾートにも、シャネル、エルメス、カルティエ、プラダ、グラフ、グッチなどを有名なデザイナーブランドショップを備えています。

ただ、マカオには政治的なリスクが存在します。
Wynnは、マカオ政府とコンセッション契約を結んでいます。
コンセッション契約とは、公共機関が民間事業者に事業権を与えるために結ばれる契約です。
マカオ政府がコンセッション契約を延長・更新しない場合、またはマカオ政府が償還権を行使した場合に、Wynnのマカオでのビジネスは終了します。
なお、マカオ政府との別個の取り決めにより、マカオのすべての事業および関連機器は、Wynnへの補償なしに自動的にマカオ政府に譲渡されることとなっており、
非常に小さい可能性ですが、実現してしまった場合には大きな損失を被ることとなります。

ラスベガス事業

西部ネバダ州のラスベガスでは、ウィンラスベガスとアンコールラスベガスの2つの統合型リゾートを所有しています。
どちらもフォーブストラベルガイドで★5を獲得している最高級ホテルを有しています。
それぞれ、Wynn Race&Sports BookとEncore Race&Sports Bookという施設を備えており、
スポーツやレースのイベントで賭けをしたり、バーでリラックスしたり、豪華なラウンジの座席から複数の画面ですべてのライブゲームのアクションを見ることができます。

また、ゴルフ場も併設しています。

アンコールボストンハーバー

マカオやラスベガスでのノウハウを生かし、2019年に東部マサチューセッツ州に統合型リゾートのアンコールボストンハーバーがオープンとなりました。

オンラインゲーム・ソーシャルカジノ事業

2020年10月にWynnは、戦略的パートナーであるBetBullと合併で、Wynn Interactive Ltd.を設立しました。
WynnBETという名称でモバイルアプリを提供し、オンラインゲーム・カジノ・スポーツベッティングのサービスを展開しています。

アメリカは、州ごとに順次スポーツベッティングが解禁されて行っている事情があり、Wynnはその波に乗っていると言えます。
2021年4月現在、コロラド州・インディアナ州・ミシガン州・ニュージャージー州・バージニア州でサービス利用でき、テネシー州もまもなくリリースされるとのことです。

経営成績

2010年から2020年にかけての主な経営指標は以下の通りです。


2020年はコロナの影響で休業が続き、営業損益がマイナスに転じています。

ただ、Wynnは2020年まではS&P500の平均を超えるパフォーマンスを発揮しており、同業と比較しても株価は高くなっています。

2021年はアフターコロナ銘柄として、既に株価も戻してきています。
オンライン事業も益々進展することが予想されるので、コロナ前の成績まで回復が期待できると思われます。

※記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスをするものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました