Rollins(ROL)ローリンズ って何の会社?

Rollins_logo NYSE

Rollins(以下、ローリンズ)は、15年以上連続増配を続けるNYSE上場企業で、S&P500にも選定されている優良銘柄です。
なお、増配は続けているものの株価が高騰しているため、配当利回りは高くありません。(2021年3月現在、1%以下)
ただ、事業の内容が興味深く、株価が下落したタイミングが来れば、投資について一考の価値はあると考えます。
それでは、ローリンズの事業を見ていきましょう。

ビジネス概要

ローリンズは害虫駆除を専門に行う企業です。
シロアリやネズミ類、その他害虫などから住宅設備を守ることを事業としています。

実際に害虫駆除を行う実働部隊を持っており、彼らへの教育に多くの投資を行っています。

また、その他には、建築業者に対して害虫駆除のソリューションの提供を行ったりもしています。

ビジネスモデル

ローリンズは、米国、カナダ、中米、南米、カリブ海、中東、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、メキシコ、オーストラリアといった全世界にビジネスを展開しています。

フランチャイズ経営を採用しているので、そうした地域ごとに子会社持っています。
また、事業領域ごとに特化した専門子会社もあります。

それらを以下に抜粋してご紹介します。

  • ORKIN PEST CONTROL

Orkinは害虫駆除サービスで100年以上の歴史がある、ローリンズの中核を担う企業です。
全世界で広く展開していますが、アメリカの各地域やカナダやオーストラリアなどの地域は、地域独自の子会社がカバーしています。

  • HOMETEAM PEST DEFENSE

この会社は、住宅建設業者にサービスを提供しています。
Taexxという、壁の内側に害虫駆除チューブを埋め込むというサービスを展開しています。
住民やペットが害虫駆除剤に接触しないというメリットがあります。

  • CRITTER CONTROL

この会社は、リス、アライグマ、コウモリ、鳥類などの脊椎動物の害虫を中心に扱っています。

  • INDUSTRIAL FUMIGANT COMPANY

この会社は、食品および商品業界に害虫管理および衛生サービスと製品を提供しています。

最後に

さて、いかがだったでしょうか。
都会に住んでいると中々気付きませんが、害虫が身の回りに発生するという出来事は往々にして発生します。
それが、広大な土地の中に住居を構える海外なら尚更頻度が高いでしょう。

冒頭に記述した通り、現在の配当利回りは魅力的ではありませんが、事業内容としては興味深く、安定が見込めるようにも感じます。
将来の株価によっては、投資を検討してみてもいいのではないでしょうか。

※記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスをするものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました