ResMed Inc.(RMD)レスメド 呼吸器系に特化したニッチなヘルスケア企業!

RMD_logo NYSE

ResMed Inc.(以下、レスメド)という企業をご存じでしょうか。
呼吸器の分野でビジネス展開しているヘルスケア企業で、S&P500にも選定されています。
レスメドはNYSEに上場していますが、オーストラリア証券取引所(ASX)にも上場しています。
レスメドの事業は2つのセグメントに分けられています。
それぞれ見ていきましょう。

睡眠・呼吸補助装置セグメント

レスメドが対象としている疾患は2つあります。

1つは、睡眠時無呼吸という内科系疾患です。

睡眠時無呼吸にはいくつか種類がありますが、どれにも共通する特徴は「無呼吸」・「低呼吸」であるという点です。
いびきをかく方や体重の大きい方などがなりやすい傾向にあるようです。
睡眠時無呼吸は、世界中で9億人以上が罹患しているというデータもありますが、その80%以上が未診断とみられています。
レスメドは、CPAPマスク(下図)をはじめとする睡眠治療装置を販売、提供しています。

レスメドの治療装置は全てクラウド連携が可能で、既に記録されている夜間データは50億日分を超えています。
これらのデータは、医師や研究者に提供されており、医療の発展に貢献しています。

2つ目は、呼吸器の疾患です。
代表的なものは慢性閉塞性肺疾患(COPD)というもので、この疾患では時間が経つにつれて気道が狭くなり、
肺に出入りする空気が少なくなっていくため、呼吸がどんどん困難になっていきます。
こうした疾患に対し、レスメドは換気装置を提供しています。

SaaSセグメント

SaaSとは「Software as a Service」のことで、サービスとして利用できるソフトウェアのことを指します。
必要とするソフトウェアを買い取ることなく、必要な機能をサービスとして利用できる提供形態です。
レスメドはSaaSセグメントは、医療従事者や医療機器がより効果的かつ効率的にサービス・機能を提供できるように支援することを目指しています。
大きく3つのサービスを展開しています。

Brightree

ヘルスケアビジネスの統合ソリューションです。

  • 紹介元、メーカー、患者、および医療システム全体とシームレスにデータを共有
  • 請求を簡単に管理し、払い戻しを最適化
  • 高度な分析とメトリックにより、ビジネスの財務状態を可視化
  • 患者を関係者とのネットワークを強化し、エンゲージメントを高める

HEALTHCAREfirst

Brightreeを補完するサービスです。
在宅医療およびホスピスプロバイダーのそれぞれの臨床/財務/管理プロセスの最適化を支援します。

MatrixCare

電子健康記録ソフトウェアです。
在宅医療においても、医師含めた関係者間で患者の状況を確認できるようになります。

経営成績

レスメドの2010年からの主な経営指標は以下の通りです。(単位:1,000$)

売上・営業利益は綺麗な右肩傾向を示しており、投資を適切に行っている結果として営業キャッシュフローも右肩上がりです。
ちなみに、投資キャッシュフローが大きくマイナスな年は、主にSaaSサービスの買収を行っています。
レスメドと同じように、この分野だけで勝負している競合は少ないため、今後も安定した収益を期待できそうです。

※記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスをするものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました