International Flavors & Fragrances(IFF)DupontのN&B事業との合併が完了し、株価高騰!

IFF_logo NYSE

International Flavors & Fragrances(以下、IFF)は香料や味覚の成分を製造している企業です。
2019年にDuPont de Nemours(DuPont)との「Nutrition & Biosciences事業」との合併が発表され、2021年2月に完了しました。
売上高は現在の倍近くになる110億ドルとも試算されており、株価が高騰しました。
今後も成長が見込めるIFFの事業を見ていきましょう。

味覚事業~Taste~

IFFは、食品・飲料に添加する各種フレーバーの製造・販売を行っています。
その種類は何千にも及び、そのほとんどはオーダーメイドであり、変化する消費者の好みとお客様のニーズを満たすために開発しています。
公式HPには、以下のような成分表が公開されています。

これらの一つ一つが、以下のように詳細な説明が記載されています。

またこれらは以下のような製品に使用されています。

  • 食品:スープ、ソース、肉、魚、家禽、スナックなど
  • 飲料:ジュース飲料、炭酸飲料など
  • お菓子:ベーカリー製品、キャンディー、シリアル、チューイングガムなど
  • 乳製品:ヨーグルト、アイスクリーム、チーズなど

また、味だけでなく、栄養成分も扱っています。
例えば、栄養補助食品・機能性食品・化粧などに使用されています。
食品保護成分というジャンルもあり、食品や飲料およびヘルスケア製品などの貯蔵寿命延長に使用され、天然の抗酸化剤および抗菌剤などがそれにあたります。

こうした味覚のビジネスは、地域ごとの味覚の好みを反映する必要があるため、IFFは世界各地に拠点を構えています。

香り事業~Scent~

IFFは、人間にとって心地より香りを探求しており、研究開発を続けています。
独自の研究施設に始まり、「調香師」も抱えており、顧客と提携することでオリジナルの香りを作り出すことができます。
そうして作り上げた製品は、最終的に大きく3つのカテゴリーの製品に使用されます。

  • 洗濯洗剤、柔軟仕上げ剤、特殊な洗濯製品を含む布地ケア
  • 家庭用クリーナー、食器用洗剤、芳香剤などのホームケア
  • パーソナルウォッシュ、ヘアケア、トイレ製品を含むボディケア

また、IFFが作り上げた香り成分は、競合他社を含む第三者にも販売されており、固定費を有効活用しています。

経営成績

2010年から2020年の主な経営指標は以下の通りです。

営業利益は10%を維持しており、断続な買収を経て、着実に売上を伸ばしています。
2018年の投資キャッシュフローのマイナスは、イスラエルの「Frutarom」という同業を買収したことに起因します。

優良企業であるが故に、株価は数年前から安定して高いですが、天井はまだまだ先かもしれません。

※記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスをするものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました