S&P500

スポンサーリンク
NYSE

Motorola Solutions(MSI) モトローラ・ソリューションズってどんな企業?

Motorola Solutionsは、通信機器を扱っている企業です。 元々は、モトローラという企業でしたが、2011年にモトローラ・モビリティとモトローラ・ソリューションズ(以下、MSI)に分割されました。 なお、その後モトローラ・モビリティはGoogleに買収され、現在はLenovoの100%子会社でNexus6などを発売しています。 一般人が使用する通信回線は災害時に使用できなくなる恐れもあるため、無線や閉域回線を用いる機器・サービスというのは社会インフラを担う機関などに需要があるのです。 それでは以下にMSIの事業を見ていきましょう。
NYSE

Lennar(LEN)レナー アメリカ最大のハウスメーカー!

レナーは、アメリカ最大手のハウスメーカーです。 日本では大和ハウスや積水ハウスなどが展開しているビジネス分野です。 アメリカの不動産はこれまで右肩上がりの成長を継続し続けていて、不動産業界の成長も底堅いです。それでは以下にレナーのビジネスを見ていきましょう。
NASDAQ

Mosaic(MOS) モザイクは大手化学肥料メーカー!

モザイクは、化学肥料メーカーです。 農業には、絶対に欠かせない必須成分というものがあり、チッ素(N)/リン酸(P)/カリ(K)の3つがそれにあたります。 モザイクは、そのうち、リン酸(P)とカリ(K)を使用した肥料や動物用飼料を製造販売しています。 世界40か国で事業を展開していますが、2018年1月にVale S.A.(ヴァーレ)というブラジルの企業のリン酸・カリ事業の買収したこともあり、アメリカとブラジルでのシェアが大きいです。 それでは、以下にモザイクの事業を見ていきましょう。
NASDAQ

The Goodyear Tire & Rubber Company(GT)DUNLOPブランドも保有している大手タイヤメーカー!

The Goodyear Tire & Rubber Company(以下、グッドイヤー)は、日本のブリヂストン、仏のミシュランと並ぶ世界3大タイヤメーカーの一つです。 イメージし易いですが、タイヤ自体は性能差が付きづらく、コモディティ化が進んでいます。 コロナの影響もあって、2020年の新車販売台数は減少しましたが、それでも年間数千万台が販売されており、タイヤについても安定した需要が存在します。 自動車の動力が電気や水素に代わっても、ゴム製のタイヤが何かに取って代わられることは今のところ無さそうです。 つまり、グッドイヤーなどの大手メーカーは、自動車市場が成長する限り、パイの増大による恩恵を受けられると言えます。 それでは以下に、グッドイヤーの事業内容を見ていきましょう。
NYSE

Amphenol Corporation(APH) 史上最高値を更新している部材メーカーのアンフェノール!

Amphenol Corporation(以下、アンフェノール)は、機器と機器をつなぐコネクタなどの部材・部品を製造している企業です。 例えば自動車は、ネジなどを含めると全部で3万点の部品で出来ていると言われ、精密機器ほど部品1つ1つが重要になってきます。 最終製品を製造しているわけではないので、アンフェノールの製造する部品は様々な業界で使用されます。 目に付かない、縁の下の力持ちですが、株価のパフォーマンスは凄まじく、2010年頃と比較すると約6倍にも達しています。 それでは、以下にアンフェノールの事業を見ていきましょう。
NYSE

International Flavors & Fragrances(IFF)DupontのN&B事業との合併が完了し、株価高騰!

International Flavors & Fragrances(以下、IFF)は香料や味覚の成分を製造している企業です。 2019年にDuPont de Nemours(DuPont)との「Nutrition & Biosciences事業」との合併が発表され、2021年2月に完了しました。 売上高は現在の倍近くになる110億ドルとも試算されており、株価が高騰しました。 今後も成長が見込めるIFFの事業を見ていきましょう。
NYSE

Advanced Micro Devices(AMD) これからのDX時代を下支えする半導体企業!

Advanced Micro Devices(以下、AMD)は、IntelやNVIDIAと競合する半導体企業です。 CPUやGPUは、PC/サーバの頭脳とも言える役割を果たし、今後も一層の成長が期待されている分野です。それ故、株価は既に高値となっており、2021年4月現在でPERは80を超えています。 ただ、半導体は慢性的な供給不足が続いており、業界としての成長は強く見込めます。 それでは、AMDの事業を見ていきましょう。
NASDAQ

Wynn Resorts(WYNN) ウィン・リゾーツ カジノも運営するリゾート企業!

Wynn Resorts(以下、Wynn)は、アメリカとマカオでカジノ・リゾートを運営している企業です。 日本でも、2016年に可決されたIR推進法がカジノ法案とも言われて一時期話題になりました。 IRとは、「Integrated Resort」の略で統合型リゾートを指します。 一般に、カジノには豪華なホテルや小売スペース、エンタメ施設が付属しており、その全体で収益を上げています。 カジノを運営する企業はいくつかありますが、今回はWynnの事業を見ていきましょう。
NYSE

ResMed Inc.(RMD)レスメド 呼吸器系に特化したニッチなヘルスケア企業!

ResMed Inc.(以下、レスメド)という企業をご存じでしょうか。 呼吸器の分野でビジネス展開しているヘルスケア企業で、S&P500にも選定されています。 レスメドはNYSEに上場していますが、オーストラリア証券取引所(ASX)にも上場しています。 レスメドの事業は2つのセグメントに分けられています。 それぞれ見ていきましょう。
NYSE

International Paper Co(IP)インターナショナル・ペーパー 製紙業界世界1位!

日本では、王子ホールディングスや日本製紙が有名な製紙業界ですが、世界シェア№1がInternational Paper Co(以下、IP)です。 電子書籍の台頭で紙の本の売れ行きは右肩下がりで、またペーパーレス化が叫ばれる世の中のため 厳しい業界ではありますが、IPのどのような事業を展開しているのかを見ていきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました